集客力を上げたいなら二ヶ所以上の設置が重要

看板があるのとないのとでは集客力が違う

小学生でもちょっと考えればわかることだとは思いますが、お店の看板が出ているのと、出ていないのとでは集客力が違いますよ。「ものすごくわかりやすい場所にお店があって、そしてなおかつとても有名な人が店長のお店」というのでしたら、そりゃ看板は要らないかも知れません。けれどもほとんどのお店は、そのような集客に苦労しなさそうなお店ではないわけです。
雑誌に広告を出すなり、新聞にチラシを挟むなり、インターネット上にホームページを開設するなり、なんらかのアピールをしていかないことには、なかなかお店に人は来ないというもの。そしてだからこそ、看板の存在は重要なのです。看板は言ってみれば、道路上におけるアピールですからね。現実世界での最大のアピールとも言えるわけです。
また、お店に来てくれるお客さんに対しても、看板にて「お店はここにあります!」ということをアピールすることができるのですから、やはり看板は欠かせない存在だというものでしょう。お店に集客力を持たせられるかどうかも、まずは看板からといっても決して言い過ぎでない案でしょう。まずは看板からお店を始めてもいいと言ってもいいほどに、看板はお店を成功にさせるためにとても重要なものです。

看板はできれば二ヶ所以上出すといい

看板を立てるのでしたら、できれば二ヶ所以上出すといいと言えるでしょう。看板のまずひとつはお店の前です。「ここのお店はこの名前のお店ですよ」とアピールするのに、看板はやはり欠かせません。「知る人ぞ知る」というお店にしたいのならば、看板を立てなくてもいいかも知れません。また、「あまりにもお客さんが来ると困る」というのでしたら、まあ看板は必要ないとも言えるでしょう。
しかしお店で働く人のほとんどの人は、「お客さんがたくさん来て欲しい!」と願う人たちばかりでしょう。それならば看板を立てなくてはなりません。というか看板は立てた方がいいというものです。ですからまずはお店の前の看板は必須です。そして可能でしたら、もう一ヶ所ぐらいは看板を立てましょう。この看板を立てる意味は「お店の位置を知らせるため」です。
ものすごくわかりやすい場所にお店があるというのでしたら、看板を立てる必要はないのかも知れませんが、そうではないというのでしたら、せめてもう一ヶ所ぐらいは看板を立てておくといいでしょう。地図を見ている段階ではわかりやすそうに思っても、実際に歩いてみると意外とお店の位置ってわかりづらかったりしますので、お店の位置をわかりやすく指し示してくれるタイプの看板でしたら、わかりやすいと評価される上、集客アップにもつながることでしょう。